サイトマップ お問い合わせ HOME


企業情報─長野市民教養講座─

狙い:
 古今東西の世界史をながめると、表舞台でくりひろげられる王道の物語だけが政道ではありません。目にふれにくい裏舞台でも権謀術数をもちいながら暗躍する覇道の駆け引きの物語もあります。
 歴史を語るとき、王道に偏りがちになりますが、正論や建前だけが説得力をもつわけではありません。現実には異論も本音もひそんでおり、それらがやがて正論や建前を唱える主役となって表舞台に姿を現すことになります。
 昨今の世界を見渡しますと、移民・難民問題とテロリズムが交錯し、それにからんでイギリスのEU離脱や過激なトランプ政権が衆目を集めています。それらの荒波はわが国にも降りかからないとはかぎりません。
 このような世界の情勢をふりかえるとき、時事的な関心だけにとらわれるのではなく、歴史をさかのぼってその真相を探ることも忘れてはなりません。このような問題意識をもつとき、今年度は世界史における三つのテーマに注目してみたいと思います。地中海世界を舞台に小国ながら千年以上にわたって勢威をもったヴェネツィア人、世界中の裏舞台で隠然たる影響力をもつユダヤ人、ユーラシア東部で覇権を誇示する中国人はそれぞれ重要なテーマになります。これらの足跡をたどり、その国家、社会、宗教、文化、日常生活などの実態を解きほぐしながら、歴史の表と裏を考えてみたいと思います。
 今年度における全体テーマは「歴史の表と裏 ― 王道と覇道」と設定し、それぞれの専門家の話を聞く機会にしたいと思います。

(文責 本村凌二)


日程:全10回
  開催日・会場 担当講師 演  題
2017年
第1回 4月13日(木) 川島 真(東京大学教授) 「近現代中国の『アジア主義』―
孫文から習近平まで」
第2回 5月11日(木) 本村 凌二(早稲田大学特任教授・
東京大学名誉教授)
「ユダヤ人、ローマ人、ヴェネツィア人」
第3回 6月 2日(金) 福井 憲彦(元学習院大学学長) 「人権思想と差別 ―
ナチスだけではなかったユダヤ人差別」
第4回 7月13日(木) 陣内 秀信(法政大学教授) 「迷宮都市ヴェネツィアの表と裏 ―
光と陰の空間構造」
第5回 8月18日(金) 楊立明(早稲田大学教授) 「乱世の英雄たち ―
もう一つの日中人間交流史」
第6回 9月15日(金) 村松 真理子(東京大学教授) 「ヴェネツィア ― ラグーナの本と劇場」
第7回 10月13日(金) 徳橋 曜(富山大学教授) 「ヴェネツィア共和国の近世:
政治と経済の表と裏」
第8回 11月17日(金) 杉山 清彦(東京大学准教授) 「王道の名、覇道の実 ―
表と裏で見る中国史」
2018年
第9回 1月25日(木) 黛 秋津(東京大学准教授) 「オスマン帝国 ― 巨大イスラーム帝国の表と裏」
第10回 3月 2日(金) 西崎 文子(東京大学教授) 「アメリカ社会における
権力構造の表と裏」(仮題)

※演題、担当講師については、変更になる場合があります。


■会 場
長野ホテル犀北館
■時 間
受付:午後5時半から/講義:午後6時から
■受講料
200円(当日、会場受付にてご納入ください。)
■問合せ
長野市民教養講座事務局(カシヨ株式会社):026-251-0510
■その他
事前申し込み不要
■主 催
長野市民教養講座運営委員会
■後 援
カシヨ情報グループ
カシヨ株式会社、株式会社柏与ビジネスセンター、カシヨ商事株式会社、長野ビジネスアカデミー、石田通信機株式会社、イシダ事務機株式会社、株式会社長野レジャープランニング、東洋印刷株式会社、株式会社カシヨキャリア開発センター、ケイビイフォーム株式会社

ページトップへ