先輩社員アーカイブ
企画営業・30代 中途入社

自分が納得できる「働き方」を
模索し続けた20代。

 以前働いていた会社でも営業だったのですが、基本的に「あるもの」を売るという仕事でした。売れれば成績はあがりましたし、お客さまにご満足いただけたり、感謝されたりと、仕事自体は充実していたと思います。ただ、時間の拘束が激しかったこともあり、自分の人生のほとんどが仕事のみで終わっていくような焦燥感を感じていました。
 そんな時に、カシヨに勤めている人と話しをする機会があったんです。「誰かのために働くことはみんな一緒。けれどその過程を自分自身で楽しめるか。お客さまのためであると同時に、自分自身のために働いていると実感できるかが大事だ。」という言葉に強く惹かれ、と同時に、これからの自分の人生の大半を占めるであろう「仕事」への関わり方を考えさせられました。

中途だからこそ見えるもの。
「まわりになじむな」という先輩のひとこと。

 縁あってカシヨに入社した時に言われたのは、「まわりになじむな」。別のキャリアを積んできたからこそ、それをプラスにしてカシヨに新しい風を吹き込んで欲しいという意味だったと思います。
 ただ、こちらもまったくの畑違いから来たので、知識はほぼゼロ。けれども中途ということで求められるのは即戦力で、当初はかなり厳しかったです。「新しい風」を吹かせるどころか、こちらが飛ばされてしまいそうでした。
 カシヨの仕事は、クライアントの中にあるシーズを的確に形にしていくプロセスが必須ですが、そこに「正解」はありません。ツールひとつにしても、どんなデザインにするのか、どんなコピーを書くのか、いく通りもある答えの中から、どれを取捨選択するのか、最終的にジャッチするのは営業です。自分が導いた「答え」が、クライアントの課題を解決できるものになっているか、クライアントにとって「最善」となっているか、毎日が自分への挑戦です。

これまでの経験を活かしながら
自分のスタイルを創り上げる。

 これまでの「カタチあるもの」を売る営業から、「目に見えていないものからカタチあるもの」を作り出して対価を得る営業になって感じたのは、やはり「大変だけど、おもしろい」ということ。どちらの仕事も「誰かのため」であり、「大変」で「やりがい」があります。ただ、自分にとって「おもしろい」と思えたのは、カシヨでの仕事でした。あの時に、思い切ってよかったと思っています。
 今は、ひとつの業界をチームで営業する課に所属しています。それぞれが動かしている案件の状況や、クライアントから得た最新の情報を常にチーム内で共有することによって、より的確な提案を中長期的な視点から行うことができるようになっています。このチームになって3年。クライアント単体ではなく、その企業を取り巻く業界の動向や県内経済の動きなど、より広く、より深い見識が求められていると感じます。
 これからも、ひとつひとつの経験を糧に、自分なりのスタイルを確立していきたいと思っています。